Newsお知らせ

2016.05.23

行ってきましたよ!『クラシックカーフェスティバル』

昨日、行ってきましたよ~!

『徳島クラシックカー・フェスティバルin板野』

徳島クラシックカーフェスティバル

前回に続けて2回目の開催ということですが、なんと今年は160台余りも参加で大変賑わっていましたよ。

会場の様子

会場の様子

1990年(平成2年)までに生産された自走可能な国産車・外国車の二輪、三輪、四輪車が参加OKということです。
平成2年と言えば、私が大学で上京した年ですから遥か昔、景気の良かったあの時代。。。
それよりも前に生産されたのに、自走できるなんてオーナーさんエライ!
ちゃんと愛情とお金を掛け続けないと無理ですよね~(^_^)

去年に引き続き我が子と一緒にギャラリーしてきましたが、今年初参加の息子は見たことない車たちに興味津々といった感じで色々覗き込んでいました。

車を見る子どもたち

展示車の写真

キレイに仕上げてましたね。

車と並ぶ男の子
「昔はこんなに小さかったの!?」と、驚きの中1息子。

車と並ぶ女の子
「このクルマかわいい」と、小2娘。

展示されている車
「え、ここから乗るの!?」

車と並ぶ女の子
「屋根ないよ!?」

と、いろいろ勝手に盛り上がりながら見ておりましたが、私が気になったのは
「フェアレディのSR311」ですね。
実は昔我が家にあったクルマで、学生時代に帰省しては勝手に乗っていました。
(今思えばなんて贅沢だったのか(^-^;)
車名とは裏腹に結構ハードな乗り味&エンジン音(ソレックスの給気音がGood!)だったのを思い出しましたね~懐かしい~。白いボディにワタナベのホイールがキマってます! あぁ、もう一度だけ運転したい~(^-^;

展示されていた「フェアレディのSR311」

あと、もう1台いいなぁと思ったのが、少しマニア向け!?の
『シトロエンDS19』
展示されていた『シトロエンDS19』

後方から撮った『シトロエンDS19』

以前にクルマ好きの叔父が「DS19好きなんだよ」と教えられた時には、正直「マニア過ぎてついていけないな。。。」と思っていました。
ところが、最近本屋さんで偶然記事を見たのと、今回実物を見た時のインパクトにやられましたね~、「なんだよ、この怪しげなプロポーション(^^♪」って感じで、自分の中では他を圧倒する存在感でした。
アズキ色のボディに、この黄色いCIBIEが超ナイス!カッコイイです(^^)/

車両パレードの様子

そして、そうこうしているうちに各部門の表彰時間となり、最後は出展車両のパレードを行って終了となりました。
我が子たちも色んな珍しいクルマに出会えたのが楽しかったみたいで、帰り道は色んなクルマの話で盛り上がりました。
クルマの免許もない小中学生が興奮するってスゴイですよね。

私自身も最近失いかけてた!?クラシックカーへの興味が沸き上がってきました。
やっぱり、昔のクルマは「素晴らしいな」と。
ボディデザイン、エンジンルーム、内装、メーター周り、シフトレバー。。。
どれも個性的で他車とは違う雰囲気を醸し出していて、「いつか乗りたい」とか、「見ていても飽きない」とか「運転してるだけで嬉しくなる」とか。

最近のクルマは、「移動するための機械としての性能」は素晴らしいんだけど、かなり違うんだよね~。だからクルマ離れしちゃうんじゃないのかなぁ。
結果、燃費競争ばかり加熱して不正があったり。。。
本当に所有したいクルマになれていないし、20~30年後に見て小中学生が興味津々で覗き込むことはないだろうなぁと。

まぁ勝手なことばかり言ってますけど、私自身はクルマ造れないので、「何とかお願いしますよ自動車メーカーさん!子供たちも欲しがるクルマを造ってくださいよ~(^^)」

2021.3
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031